本当に久しぶりのオナ電でオナ指示する興奮を味わうことができて、夢のようなドキドキ感を満喫していく事ができたのでした。
偶然見つけたリンリンハウスと同じグループのサービスMGIを利用して、若い頃のようなドキドキ感をたっぷりと堪能してスッキリとした気分になっていたのです。
今では自宅に居ながらにしてこれが可能である、テレホンクラブを使うのもとても楽になっている事も分りました。
妻とは別居していますから、自宅でこのような行為を楽しむことは楽にできてしまいます。
当時のような刺激を思い出して、何とも言えない甘い気持ちになってしまっていました。
このツーショットダイヤルを使っていけば、もっと楽しんでいく事ができるだろうって感じで、気分がとってもウキウキしたものになったのです。
この話を誰かに自慢してみたいな、そんな気持ちを持つようになってしまっていました。
「どうだ、夜予定がなかったら飲みに行かないか?」
「大丈夫ですよ、お付き合いします」
同じ課の20代の部下に声をかけて、酒を飲みに行くことにしたのです。
もちろん久しぶりの電話エッチの話を自慢したかったからなのです。
「実は若い頃やったようにテレクラを使ってみたんだけどね、これがなかなか若い女の子と楽しむことができたんだよ」
「電話でやったんですか?」
「大成功だったね」
「課長、なかなか元気じゃないですか(笑)!それにテレホンクラブってそんなに素晴らしいんなら、一度使ってみたいですね」
「私的にもかなりオススメだから、若い君も楽しめるんじゃないのかな」

同課は、テレホンクラブには随分と興味を示してくれたようでした。
私も若い頃はこれが当たり前だったのですが、今の若い人たちではやはりピンと来ないようです。
あの素晴らしさをどのように伝えたらいいのだろう、そんな思案を巡らせてしまったりもして。

 

定番サイト登録無料
オナ電募集サイトBEST5
オナ電をする女の子を探すなら